【阪神】矢野燿大監督が有観客初戦勝利にガッツポーズ「一生の思い出に残る1勝かな」試合後一問一答

雨天コールドで勝利し、ファンに挨拶する矢野燿大監督(右)ら阪神ナイン

 ◆JERAセ・リーグ公式戦 阪神3―2DeNA=5回降雨コールド(10日・甲子園)

 阪神が降雨コールドゲームを制し、連勝を今季最多の4に伸ばした。1点を追う初回に近本の先頭打者アーチで同点に追いつくと、大山の一発も飛び出し逆転。最後は1点差に迫られた5回2死一塁から先発・青柳がソトを空振り三振に打ち取り、試合が成立した。

 矢野燿大監督(51)は有観客初戦を劇的な幕切れで制し、改めてファンの存在に感謝した。以下は一問一答。

―コールド勝ちで決まった

「青柳が最後ね。何とか頑張ってくれてね。願いながらというか、本当によく頑張ってくれました」

―監督の目には青柳の投球は

「開幕してずっと安定した投球をしてくれている。今日もコンディションが悪い中、先制点が取られましたけど、最後、足が滑ってなかなかコントロールしにくい中で、ソトという打者を何とか1人頑張ってくれた。ナイスピッチングでした」

―青柳の登板時は援護点がない試合が多かったが

「そうですね。先点取られて、チカ(近本)がすぐ本塁打で返して、本当にムードもよかったし、その後点取る場面もあって、本当に効果的な援護ができたのは大きいですね」

―初回の長打攻勢は見事だった

「そうですね。悠輔(大山)も見事な本塁打でしたし、その後もつながったんですけど。徐々にみんな状態が上がってきているんで、楽しみですね」

―2、3回もチャンスはあった

「ただ今日はこのような雨の状況なんで、点取って欲しいのと、早く5回まで行って欲しいのと複雑な思いがありました」

―今日の天候では戦いづらいか

「戦いにくいですね。攻撃もあんまり淡泊になりすぎても困りますし、かと言って点もまだ欲しいですね。そういうところで気持ちも難しいし、やっている選手はもっと難しいかなと思います」

―青柳もよく踏ん張った

「いやもう最高のピッチングだったと思いますし、価値ある5回の投げきりの投球だったと思います」

―打線は良くなってきた

「そうですね。今日もチカの本塁打も出ましたし、ケント(糸原)も当たり出しているし、悠輔もいい感じで。名前が出てくる人数も増えたんで。そういうところでチカが出てくると、相手にとっては脅威なんで。全員が上がってきているんで、楽しみです」

―監督の表情も柔らかくなった

「やっぱり苦しい中で前を向いてと言いながら、なかなか自分もできていないんじゃないかなというところで、色んな葛藤もあって、選手たちがそういう前を向く姿勢で戦ってくれている。僕も前を向こうと選手を見て思っています」

―昨日から今日は忘れられない日になると

「初めてお客さんが入ってもらう試合で、また雨で5回で。本当に忘れられないですし、僕の一生の思い出に残る1勝かなと思います」

―ファンの声援は違う

「そうですね。最後もあと1人のところで『青柳、頑張れ』という声がスタンドから。僕が座っているところ、そこでも声聞こえていましたし、やっぱりファンの人の声援は僕らの大きな力になるなと。今日はまだ制限ありますけど、それでも強く感じました」

―最後はどんな気持ちでファンにあいさつを

「そうですね。僕たちは屋根のあるところで、ベンチで雨をしのげますけど、スタンドでずっと雨にぬれながら、最後までいてくれたファンに、最後、勝利の喜びを一緒に感じとれたのはうれしく思いますし、こんな大変な中、来てくれたことに感謝しています」

―明日は西投手で連勝を伸ばして下さい

「いい戦いができているんで、どんどんつなげて勝っていきます」

最新一覧