【阪神】有観客初戦をコールドで制し、今季最多の4連勝 初回先頭弾の近本「ファンの声援が打球を後押ししてくれた」

1回、右中間へ同点の先頭打者本塁打を放った近本

 ◆JERAセ・リーグ公式戦 阪神3―2DeNA=5回降雨コールドゲーム(10日・甲子園)

 阪神が降雨コールドゲームを制し、連勝を今季最多の4に伸ばした。

 初回に梶谷の先頭打者弾で先取点を奪われたものの、その裏に近本も先頭打者アーチとなる2号ソロをバックスクリーン右に放り込んだ。さらに糸原が右中間三塁打で出塁すると、糸井の内野ゴロの間に勝ち越し。大山も左翼席に3号ソロをたたき込み、一気にリードを奪った。

 先発・青柳は2回以降は粘りの投球を見せ、スコアボードにゼロを並べた。グラウンドコンディションが悪くなった5回には梶谷の適時打で1点差に迫られたものの、最後は2死一塁からソトを外角スライダーで空振り三振。試合の成立を確信したファンは、拍手と歓声で大いに沸いた。その後、さらに雨脚が強まり、試合は中断。阪神の5回の攻撃を待たずに試合は終了した。

 チームは6勝10敗となり、最大8あった借金を4まで減らした。一発を放った近本は「初球から積極的にスイングすることを心がけて打席に入った。打った瞬間は入ると思わなかったですが、ファンの方の声援が打球を後押ししてくれたと思います」と久々の応援に感謝していた。

最新一覧