乾貴士、リーガ1部残留誓う…残り3試合、降格圏18位の久保建英・マジョルカと勝ち点4差

乾貴士のインスタグラム(@takashi.08)より

 スペイン1部エイバルの元日本代表MF乾貴士が10日、自身のインスタグラムで1部残留を誓った。

 エイバルは、9日の試合で降格圏に沈むレガネスと対戦したが、0―0で引き分け、勝ち点1を上積みできただけだった。

 試合後の順位は15位。降格圏となる18位で、FW久保建英が所属するマジョルカとは勝ち点差4となった。

 残りは3試合。次節は降格が決定したエスパニョール戦で、バリャドリッド戦と続き、最終節は強豪ビジャレアル戦が控えている。

 乾は「昨日は引き分け。あと、3試合。残留に向けて頑張る!!」とつづり、「Aupa EIBAR」とバスク語で「がんばれ、エイバル」と記していた。

 乾の決意にコメント欄では「ずっと応援してます!頑張ってください」などとエールを送られていた。

最新一覧