【ロッテ】井上晴哉、左中間テラス席へ逆転3ラン 新パフォ「ごっちゃし」をファンの前で初披露

3回1死、一、三塁、左中間に勝ち越しの3ラン本塁打を放った井上晴哉(右)は、ごっちゃしポーズをレアード(中)と決める

◆ロッテ―西武(10日・ZOZOマリン)

 ロッテの井上晴哉内野手(31)が、今季3号逆転3ランを放った。1点ビハインドの3回1死一、三塁。西武先発・ニールのツーシームを仕留め、弾丸ライナーで左中間テラス席へ運んだ。

 ベンチへ戻ると練習試合期間中に考案した、相撲の懸賞をもらう時のような手刀パフォーマンス「ごっちゃし」をファンの前で初披露。初回に3ランを放った西武・山川の「どすこい」パフォーマンスに負けじとスタンドのファンを盛り上げた。

最新一覧