大相撲7月場所の観客有無は13日の理事会で協議

芝田山広報部長

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)が10日、オンライン取材に応じ、大相撲7月場所(19日初日、東京・両国国技館)の観客の有無を13日の理事会で協議することを明らかにした。

 この日からプロ野球、Jリーグの有観客試合がスタート。新型コロナウイルス感染者が首都圏で増加傾向にあることに警戒感を示しつつ、同部長は「お客さんを入れる、入れないは理事会で決定する。協会は引き続き手綱を緩めず、感染予防を徹底する。このまま気を引き締めて初日に向かいたい」との姿勢を強調した。

 また、関取衆から解禁を希望する声が上がっている出稽古は、感染防止の観点から引き続き禁止となる見通しだ。

最新一覧