筒香の順調な調整をキャッシュ監督が高く評価

 レイズの筒香嘉智外野手(28)は7日(日本時間8日)、ライブBPと外野守備などのメニューを軽快にこなした。オンライン会見に応じたキャッシュ監督は「ヨシは非常に快適そうにプレーしている。彼の勤労意欲は並外れているし、使命感も強い。チームメートとはよく笑っているし、ユーモアのセンスもあるしね」と語った。

 前日の初ライブBPは、スイングせず、“目慣らし”の形だったが、この日はバットを振って、右腕ドレイク、左腕アルバラードの救援投手と対戦する動画が、地元メディアのツイッターに投稿された。

 開幕戦は24日(同25日)、本拠地でのブルージェイズと決まった。ブ軍は昨年オフに4年8000万ドル(約86億円)でドジャースからFAで獲得した昨年の最優秀防御率(2・32)の左腕・柳賢振(33)の開幕投手が確実視されており、“アジア人対決”が注目を集めそうだ。

 キャッシュ監督は、2月の春季キャンプでは、フリー打撃の前後にも室内のケージで打ち込む姿が多くみられたが、夏季キャンプではケージで打つ量が減ったと明かし、「日本では反復練習が多いが、(メジャーは)どちらかといえば、量より質を重視する。こっちのやり方に適応してきたのでは」と頼もしくみつめる。

 8日は、4イニングでのシュミレーションゲームが行なわれる。昨年16勝の右腕、モートン、左腕ヤーブローが先発予定。更に試合感覚を磨いていく。

最新一覧