【ロッテ】安田尚憲、2年ぶり弾 本拠では初「ファンの前でも打てるように準備したいです」

6回1死一塁、右越えに1号2ランを放った安田はナインとエアタッチ

◆パ・リ-グ ロッテ8―6西武(7日・ZOZOマリン)

 風速15メートル以上の強風を、安田が味方につけた。6回1死一塁。高橋光の138キロのフォークを捉えて風に乗せ、1号2ランを右翼席に運んだ。1年目の18年10月2日のソフトバンク戦以来となる通算2本目の一発。「マリンで打つのは初めてなのでうれしい。ファンの前でも打てるように準備したいです」と笑った。

 ヤクルト・村上、日本ハム・清宮と同じドラフト1位で履正社から入団も差をつけられた。2年目の昨季はイースタンで本塁打王(19本)、打点王(82打点)も1軍出場はなし。3年目の今季は開幕前に成功哲学の原則をまとめた「7つの習慣」を読むなど、殻を破るために努力。試合後には異例の特守も行い、日々前に進んでいる。

 まだ打率は8分3厘で、この日はイースタンのヤクルト戦との“親子ゲーム”。井口監督は「ようやく彼の打撃ができた。本調子になってチームに貢献してほしい」と目を細めた。権利のある新人王を獲得するような安田の活躍を指揮官は望んでいる。(阿見 俊輔)

試合詳細

最新一覧