炎鵬“プリンス”初代・貴ノ花研究「足腰の強さ見習うところある」おうち時間で細身で2度Vの生命線に着目

左からまわしを取る炎鵬(右)

 大相撲の人気小兵力士、幕内・炎鵬(25)=宮城野=が7日、電話取材に応じ、三役昇進の期待が膨らむ7月場所(19日初日、東京・両国国技館)に向け、“モノマネ稽古”に取り組んでいることを明かした。コロナ禍の在宅時間に、過去の名力士を動画で研究。土俵際で驚異的な粘りを見せた、細身の初代・貴ノ花(元大関)の強靱(きょうじん)な足腰を飛躍へのヒントとする。

 “プリンス”の相撲に、炎鵬が魅了された。東京での無観客開催を目指す7月場所に向け、稽古に励む日々。コロナ禍で自粛生活を送る中で「相撲の知識がついたかなと思う」と明かした。動画で過去の力士を見て研究。その中で、「角界のプリンス」と呼ばれた初代・貴ノ花に目が留まった。

 細身ながら、幕内優勝2度など不屈の相撲でファンに愛された元大関。「足腰の強さは本当にすごい。独学なので正解が分からないが、マネしてやってみたりしています。相撲の取り口は全然違いますけど、足腰の強さを見習うところはある」と、小さな体にとっての生命線に着目した。

 特に印象に残ったのは1972年初場所の一番だ。当時、関脇だった貴ノ花は、横綱・北の富士に足をかけられながらも、弓なりになった粘り腰で相手に先に手をつかせた。後に勝敗が論争になった取組だが、「勝利への執念。あんな残り方は普通できない」と炎鵬。稽古では貴ノ花の動きを頭に入れて、下半身に意識を持つ。立ち合いの足の形、組んだ時の足の幅など、きめ細かくイメージしている。

 日々のトレーニングでも下半身強化に励み、特に瞬発的な動きを追究。ともに汗を流す兄弟子の横綱・白鵬には「根性的なところを鍛えてもらっています」と、精神面も鍛錬中だ。

 これまでは、同じ小兵の元小結・舞の海を参考に、幕内上位まで駆け上がってきた。更なる進化の先に見据えるのは、2場所ぶりの勝ち越しと三役昇進。七夕の短冊には「何事もないように」と無事に15日間、相撲を取り切ることを願った。“プリンス譲り”の粘りと攻めで、ファンの心を熱くする。(大谷 翔太)

7月場所番付
すべての写真を見る 2枚

最新一覧