【Bリーグ】仙台“ささかまコンビ”新加入 優勝へ昇格へ得点量産誓った

89ERSに新加入した鎌田(左)、笹倉の“ささかまコンビ”は宮城名物の「ささかまぼこ」をパクリ(カメラ・長井 毅)

 プロバスケットボールB2仙台89ERSに新加入したPG笹倉怜寿(23)=東海大出=とPF鎌田裕也(30)=福島湯本高、大東大出=がスポーツ報知のインタビューに応じた。クラブは来季のB1昇格に向けて課題だった攻撃力アップのために“ささかまコンビ”を補強。2人の素顔や20―21シーズンへの思いを聞いた。(取材・構成=長井 毅)

 昨季はコロナ禍の影響により、リーグ戦が47試合で中止。35勝12敗(勝率7割4分5厘)で東地区優勝も、勝率は全体3位で昇格を逃した。守備力には定評があったものの、100点ゲームはなく、攻撃面での課題が浮き彫りになった。得点力アップへ、2人にかかる期待も大きい。

 ―197センチ・112キロの鎌田選手は外国人選手と張り合えるだけの体格が武器です。

 鎌田(以下、鎌)「ディフェンス面で外国人とマッチアップする。そこでイーブン、アドバンテージ(有利な状況)が取れたらチームも楽になる。そこを意識したい」

 ―一方の笹倉選手は187センチとPGの中では身長が高くミスマッチを利用したプレーが見せ場になりそう。

 笹倉(以下、笹)「PGとしてはサイズのある方。身長を生かしたプレーができる。相手に応じて柔軟に戦える点が自分のストロングポイント。どんな相手とマッチアップしても、やれる。チームメートの長所を引き出せるようなプレーを目指したい」

 ―桶谷ヘッドコーチ(HC)は「今季がB2での“ラストダンス”」と表現している。昇格に向けてどのような貢献の仕方があるか。

 笹「僕は1番(PG)、2番(SG)、3番(SF)まではできるなかで、今は1番をメインにプレーしている。小さい相手に対しても前線から徹底的にディフェンスをやること、オフェンス面ではポストプレーですね。桶谷HCからもその点を言われているので、期待に応えられるようにしたい」

 ―ポストプレーでは、息の合ったコンビプレーが見られそう。

 鎌「チームのコンセプトを理解して、自分の持ち味を生かしてできればと思います」

 笹「僕は東海大時代にB1川崎との練習試合で鎌田さんを相手にプレーしたことがあります。スクリーン(※1)をかけられた時にどうやっても逃れられなかった。そういう選手が味方にいるのは心強いです。衝撃的でした。普通の選手だと体がぶつかった時に相手も少しは動いて空間ができる。その隙間からマークする選手についていくことができるんですけど、鎌田さんの場合は抜け出すことができませんでした。鎌田さんとのピックプレーのイメージはできています。そこから得点につなげていきたい」

 ―鎌田選手はファンの間で「肩幅」という“あだ名”が広まっている。

 鎌「肩幅のサイズは測ったことはないですが(笑い)、趣味は筋トレで、何かやらないとダメじゃないかと思ってしまうんです。自宅には40キロのダンベルを置いています。体を鍛えようと思った理由は外国人とマッチアップして接触するポジション。簡単に押し切られてはいけないので、鍛えないといけないなと」

 笹「片方40キロで両方で80キロだと、僕の体重とほとんど同じですよ!(笑い)」

 ―お互いの印象は。

 笹「強くて優しい。そのまんまです。お兄ちゃんって感じですね」

 鎌「若いですよね。フレッシュなオーラが出ています」

笹倉牛タン感動 ―宮城の名物で好きな食べ物は。

 鎌「好きな食べ物は『萩の月』。駅だとか、どこにでも売っているのがうれしい。ささかまぼこも好きですね」

 笹「僕は牛タンですね。先日、牛タンを食べました。感動するくらいおいしかった。これからもっといろんなお店に行ってみたいです」

 ―最後に今季の意気込みを。

 笹「仙台の一員としてB2優勝、B1昇格というミッションにチャレンジできることをうれしく思います。プロとしてのキャリアは始まったばかりなので、全てを吸収し、アクセル全開で戦いたいと思います」

 鎌「B2優勝、B1昇格を目指してチームのために全力で戦いたいと思います」

 杜(もり)の都にも慣れつつある“ささかまコンビ”が、B1昇格のキーマンになる。

 ※1スクリーン 主にオフェンスで使われる。味方選手にマッチアップしているディフェンダーの近くで自身が「壁」となることで、ディフェンダーのプレーを遅らせたり、移動範囲を制限する。味方選手が移動したい場所への動きを助けるプレー。

 ◆笹倉 怜寿(ささくら・れいじゅ)1997年7月8日、富山市生まれ。23歳。富山市立奥田中では、明成(現・仙台大明成)でウインターカップ3連覇に貢献した八村塁(NBAウィザーズ)と全国中学校バスケットボール大会で準優勝。東海大三(現・東海大諏訪)から東海大に進み、昨季は特別指定選手としてA東京に所属。今季仙台に期限付き移籍。U22日本代表。187センチ、85キロ。右利き。血液型A。

 ◆鎌田 裕也(かまた・ゆうや)1990年5月11日、福島・いわき市生まれ。30歳。湯本高から大東大に進み、11、12年にインカレ8強。11年には日本代表に選出。同大卒業後、13年にJBL東芝ブレイブサンダース神奈川(現B1川崎ブレイブサンダース)に入団。今季から仙台に移籍。197センチ、112キロ。右利き。血液型A。

すべての写真を見る 3枚

最新一覧