KENTA、七夕に活躍願うファンに「お願いの無駄使いするな! もっと自分の事、家族の事を願いなさい」

KENTA

 独特のツイートで人気のプロレスラー・KENTA(39)が7日、ツイッターを更新。七夕に自身の復活と活躍を誓うファンに対して、コメントした。

 この日、「KENTAさん、願っておきました!」と七夕飾りの短冊に「KENTA 二冠王者」と、現在、参戦中の新日本プロレスのIWGPヘビーとインターコンチネンタルの二冠王・内藤哲也(38)を下しての戴冠を願って飾ったファンからの投稿がアップされると、「お願いの無駄使いするな! もっと自分の事、家族の事を願いなさい」とピシャリ。「それにな、そんなのは願わなくても俺が現実にしてやるから待ってなさい」と自信満々に続けた。

 米フロリダ州オーランド在住のKENTAは新型コロナ余波の中の出入国制限もあり、現在は帰国できない状態。昨年から参戦中の新日本プロレスが6月15日から無観客で大会を再開したが、今回のシリーズは欠場となっている。

 新日再開翌日の16日のツイッターでは「試合が再開したという事は現場が全てだ。この先俺がここで何を言ってもただの戯言でしかない。遠くない将来またお前らのブーイングを聞ける日を楽しみにしているよ」とコメント。

 「もし試合を見ていて何か物足りなく感じたならそれは俺だ。どんな状況であろうと改めてもう1度言おう。『今年は俺の年だ。』」と、1月5日の東京ドーム大会のメインイベント後に乱入し、満場のブーイングを浴びて以来の決めゼリフで締めている。

最新一覧