エンゼルス・大谷翔平の投手復帰は27日が有力か…米メディア報じる

エンゼルス・大谷翔平(ロイター)

 米大リーグの各球団は6日(日本時間7日)、23か24日(同24か25日)に開幕する60試合のレギュラーシーズンのスケジュールを発表した。大谷翔平投手(26)の所属するエンゼルスは、24日(同25日)から敵地で、アスレチックス4連戦が組まれた。

 今季は2年ぶりに投手に復帰する見込みになっている大谷。7日(同8日)の紅白戦で3イニングを投げて、試合形式では2018年9月2日(同3日)の敵地・アストロズ戦で先発して以来の登板で、674日ぶりにマウンドに戻ってくる。メジャー専門局MLBネットワークでは「オオタニは日曜日に投げるのではないか」と、26日(同27日)の3戦目に先発が有力とした。

 登板の前後1日ずつは休養し、それ以外は打者で出場する見込みの大谷。順調にいけば、投手として10試合前後、打者として30~40試合の出場が見込まれる。

最新一覧