Jリーグ10日から有観客へ 村井満チェアマン「政府見解をベースに判断」

村井満チェアマン

 Jリーグの村井満チェアマン(60)は、7月10日から上限5000人(または収容人数50%以下)、8月1日から収容人数の50%で観客を入れる方針を改めて示した。6日、NPBとの新型コロナ対策連絡会議後にオンラインで取材に応じ「再開については政府見解をベースに判断している土台がある。今後大きな変更があるかどうかは注視していきたい」と話した。

J1第4節の対戦カードと収容人数

 東京都は5日連続で新規感染者が100人を超えるなど感染が拡大しており、会議出席者からは、観客人数を増やすことに懸念の声もあった。愛知医科大の三鴨廣繁教授は「東京に第2波が起こっている。8月1日から半数を迎えられるか、最終的に7月20日前後に判断が必要」と私見を述べた。

J1本拠地収容人数

 首都圏のクラブで収容人数の半分だと、味スタを使用するF東京は約2万4000人、埼スタの浦和は約3万1000人、日産スタジアムの横浜Mは約3万6000人の収容が可能になる。あるJ1クラブ幹部は「5000人は問題ないが、半数だと、かなりの数になる。今後の様子を見ないと何とも言えない」と慎重な意見も。感染が拡大する自治体ではイベント自粛が要請される可能性もあり、今後の対応が注目される。

すべての写真を見る 3枚

最新一覧