有観客のオリックス―日本ハム マスコットなどの入場出迎え見合わせ…10日・京セラドーム対応策と準備

京セラドーム

 プロ野球が新たなステージへと突入する。6月19日の開幕から無観客での開催が続いていたが、10日から5000人を上限として観客が入る。10日に主催試合を行うセ・パ6球団は、それぞれ準備と対応に力を入れてきた。

 ◆オリックス―日本ハム(京セラドーム、収容人数3万6220人)観客数5000人 内外野下段 観客の割合13%

 ▼客席の配分 12日までは下段席(内野、外野)だけを開放。基本的に1列飛ばしで、2席の間隔を空けて販売(座席間隔が広いエリアは別途ルール)。

 ▼チケット販売 当面の間、球団公式サイト「オリチケ」のみで5000枚を販売。

 ▼パフォーマンス チア、マスコットともにグラウンド上で実施。マスコットなどの入場出迎え、場外ステージの開催は当面見合わせ。

 ▼ショップ、売り子など 売店は感染防止対策を行った上で営業。座席での飲食を促し、アルコール類の販売は一部制限。

すべての写真を見る 2枚

最新一覧