本田圭佑、ブラジル・リオ選手権ドローも敗退「ルールを変更する必要がある」

本田圭佑

 ブラジルのリオデジャネイロ州選手権後期準決勝で5日、ボタフォゴのMF本田圭佑はキャプテンマークを巻いてフルミネンセ戦にフル出場したが、0―0で引き分けた。

 1次リーグで上位だったチームが勝ち上がるルールにより敗退。試合後、自身のツイッターで相手を称賛しつつ「ルールを変更する必要がある。トーナメントで延長戦もPK戦もないのを見たことがない」と、英語でレギュレーションに不満を表した。

最新一覧