浜崎あゆみ 自身描いた「M 愛すべき人がいて」最終回後に初コメント「最低で最高で大嫌いで大好き」

浜崎あゆみ

 歌手の浜崎あゆみ(41)が、4日に最終回を迎えたテレビ朝日系連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」(三浦翔平、安斉かれんダブル主演)の放送終了後、インスタグラムのストーリー機能を使い、同ドラマについて初めてコメントした。

 浜崎は「『M』最終回おめでとうございました」とねぎらいの言葉。脚本を務めた鈴木おさむ氏の「僕の妄想としては、最終回が終わった後に、(浜崎が)インスタとかで『このドラマ、最低だけど最高!』なんてことを書いてくれたら、全てがオールオッケー、脱糞(だっぷん)するほど喜んでしまうと思いますが、それはないのかな~と思ったり」という過去の発言を持ち出し、「ほんと最低で最高で大嫌いで大好きでした」と感想を述べた。

 続けて「脱糞しないで下さいませね。携わられた全ての皆様、お疲れ様でございました!!! 歴史に立ち会えたひとりにしていただき、ありがとうございました」とつづった。

最新一覧