ドラフト候補の智弁和歌山・小林樹斗3回1安打2奪三振無失点 MAX148キロをマーク

6回から2番手で登板した智弁和歌山・小林樹斗

◆練習試合 智弁和歌山1―4明石商(4日・明石商グラウンド)

 今秋ドラフト候補の智弁和歌山・小林樹斗(たつと)投手(3年)は6回から登板し、3回1安打2奪三振無失点で抑えた。自己最速タイの148キロをマークする好投に中谷仁監督(41)は「小林(の調子)は悪くない」とは高評価。8回、昨年のセンバツ準々決勝でサヨナラ弾を浴びた、来田と対戦した。フルカウントに追い込んでから3球粘られたが、9球目遊飛で打ち取った。

最新一覧