【西武】勝利の方程式温存裏目で逆転負け 2点リード守れず、8回に吉田正に逆転2ラン被弾

7回1失点の松本

◆パ・リーグ 西武3―4オリックス(4日・メットライフドーム)

 西武が、勝利の方程式を温存したことが裏目に出て、逆転負けを喫した。

 この試合では3番と5番を入れ替えた。4回に3番・外崎が内野安打で出塁し、続く山川が四球を選ぶと、5番に入った森が右前適時打を放って先取点を奪った。さらに1死一、二塁から6番・中村が左翼フェンス直撃の2点適時二塁打。一気に3点を奪い、森が「いいスイングができたと思います。チャンスだったので何とかランナーをかえそうと(いう思いでした)。(先発の松本)航を援護したいと思っていたのでよかったです」とうなずけば、中村も「ランナー返せて良かったです。(一塁から生還した)森、ナイスラン!」と後輩をたたえた。

 先発した松本は好投。5回にロドリゲスにソロを浴びたが、自己最長の7回を投げて5安打1失点。今季初勝利の権利を持って、2点リードの8回からは救援陣にマウンドを託した。落とし穴はこのイニングの継投にあった。本来、守護神・増田につなぐ8回のセットアッパーの役割を担う平井、ギャレット、平良が2連投だったため、2年目右腕の森脇が登板。だが、大城に左前適時打を浴びて1点差に迫られると、1死一塁から3番手・小川が吉田正に逆転2ランを被弾し、一気しにひっくり返された。

 ▽松本(7回1失点も初勝利ならず)「アウトを1つずつしっかりとっていこうという意気込みでマウンドに上がりました。7回までずっとその意識が持ち続けることができたと思います。調子は良かったです。まっすぐも変化球も良かったと思います。これからも今日のような投球をし、波がないようにしていきたいです」

最新一覧