【オリックス】吉田正尚が逆転3号2ラン「うまく払うことができました」

8回1死一塁、吉田正尚が逆転の右越え2ランを放った

◆西武―オリックス(4日・メットライフドーム)

 主軸の一撃で、試合をひっくり返した。オリックスの吉田正尚外野手(26)が8回1死一塁で、代わったばかりの小川の初球をとらえた。インコースの難しい変化球を鮮やかにさばいた。高々と舞い上がった打球は、右翼ポール際に飛び込む逆転3号2ラン。本塁で出迎えた一塁走者・大城とのエアタッチに笑みをこぼすと、力強くガッツポーズしてみせた。

 2点リードされて迎えたこの回、1死二塁から「積極的に打ちにいきました」と大城が左前適時打で1点差に詰め寄った。その流れに乗って、3番打者がしっかり仕事を果たした。吉田正は「インコースのボールをうまく払うことができました。田嶋が頑張って投げていましたし、なんとか勝ちをつけられるようにと思っていたので、逆転打になってくれてよかったです」とコメントした。

最新一覧