【ソフトバンク】今季初のカード勝ち越し 工藤監督はマシンガン継投に「つぎ込んでもいいところ」

試合前、工藤公康監督(右)の話に耳を傾ける王貞治ソフトバンク球団会長

◆パ・リーグ ソフトバンク8―3日本ハム(4日・札幌D)

 ソフトバンクは今季初のカード勝ち越しを決めた。先発・和田は6回まで無安打と快投し、8回途中を3失点で今季初勝利。打線も9試合ぶりの2ケタ安打で8得点と機能した。

 工藤監督は7点リードの8回無死満塁で和田―津森―嘉弥真―モイネロと惜しみなく投入。日本ハムの追撃を食い止め「つぎ込んでもいいところかなと思いました」と目先の1勝にこだわった。セーブ機会ではない5点差の9回は守護神・森を起用。2日にサヨナラ負けを食らってからの連勝に「きょうはどうやっても勝ち越したかった。嫌な負け方をしてから選手が発奮してくれた。この2つを取れたのは大きい」と選手の頑張りをねぎらった。

最新一覧