【巨人】7回追加点! 2死での内野フライをビシエドが“ポロリ”

7回2死二塁、代打・石川慎吾(右後方)の飛球を一塁手のビシエドが遊撃手・京田陽太と交錯し落球。巨人に2点目が入った(カメラ・関口 俊明)

◆JERAセ・リ-グ 巨人―中日(3日・東京ドーム)

 巨人は1点リードの7回、中日の守備の乱れを突いて追加点となる2点目を入れた。

 7回1死から大城が中前安打で出塁。菅野には代打が送られずそのまま打席に入って、きっちりと犠打を決めた。

 2死二塁で代打・石川は投手マウンド付近への高いフライを打ち上げ、そのままチェンジと思われた。ところが、静かな東京ドームで内野陣の意思疎通がうまくできなかったのか、一塁手のビシエドと遊撃手の京田が交錯し、ビシエドが落球。二塁走者の大城が生還してリードを広げた。

試合詳細

最新一覧