【西武】主将・源田壮亮、6回に同点2点打

5回1死、源田壮亮が中越え三塁打

◆西武―オリックス(3日・メットライフ)

 西武の源田壮亮内野手(27)が、同点2点打を放った。逆転されて3点ビハインドとなった6回。まずは中村の今季2号ソロで2点差に迫ると、続く栗山がこの日3安打目となる右前安打、1死から川越の四球で好機を拡大。スパンジェンバーグは遊ゴロに倒れたが、2死一、三塁から一塁走者・スパンジェンバーグが二盗を決めて2死二、三塁とすると、源田が左前に2点打を放ち、同点に追いついた。

 この日、源田は5回にも三塁打をマーク。これで2戦連続複数安打と打撃の復調を印象付けている。

すべての写真を見る 2枚

最新一覧