本仮屋ユイカ映画「ゴースト」超えの熱演 主演ドラマで“官能的に”パンをこねる

都内で行われた主演の連続ドラマ「マイラブ・マイベイカー」の記者会見に出席した主演の本仮屋ユイカ

 女優の本仮屋ユイカ(32)が3日、都内で行われた主演の連続ドラマ「マイラブ・マイベイカー」(10日からひかりTV、dTVチャンネル、13日からカンテレ、メ~テレ、テレビ神奈川)の記者会見に出席した。

 電子コミックサービス「LINEマンガ」向けの限定企画「ジーンLINE」に連載中のらくだ氏のコミック「マイ ベイカー」が原作。パン屋を舞台に、明るくて頑張り屋の店長・小岩美々子(本仮屋)と、新人バイト・北薫(飯島寛騎)の不器用な恋愛模様を描いたラブストーリー。

 役どころについて、本仮屋は「パン作りが大好きな女の子。好きなことに対する情熱を持ったところは、似ていると思ったので、大切に丁寧に演じました」。飯島とパンをこねるシーンは見てほしいシーンの1つ。「監督からは官能的にいきたい、(パトリック・スウェイジ、デミ・ムーア共演の名作)映画『ゴースト/ニューヨークの幻』超えを狙いたい、と言われた。私たちはこねるのに必死だった(笑い)。でも、うまくいきましたよね。ぜひ注目してほしい」と自信をみせた。

 パン作りについて「パンは生きているからドンドンと愛(いと)おしくなりました。最高なことに、そいつを食べられる。何て幸せな仕事だと思いました」と笑顔。パン指導の先生から「飯島くんはうまいんだけどな」と言われ、負けず嫌いの性格がメラメラ。「最後には追い付いたかなと思います」と話した。最近はまっているパンは、クロワッサンという。

 最近ムズムズ、キュンキュンした瞬間を聞かれ、1児の父親の竹財輝之助(40)は「(ステーホーム期間は)ずっと子供といられた。毎日いられたので、キュンキュンしていました」と明かした。

 9日から中国の動画共有サイト・Bilibiliで配信される。

最新一覧