【巨人】大竹寛が2軍ロッテ戦で1イニング2奪三振で無失点

大竹寛

 巨人の大竹寛投手(37)が3日、イースタン・ロッテ戦(ロッテ浦和)で、3番手として4回から登板した。1回2安打無四死球2奪三振で無失点の投球で、1軍合流へアピールした。

 大竹の起用について、宮本和知投手チーフコーチ(56)は1日に「金、土(の2軍戦)で連投して、(週明けの)遠征から合流って形になると思う」と明かしていた。

 大竹は「安打されたボールは甘く入っているので修正は必要ですね。今後、少ない球数で打ち取れるように、もう少し見直します」とコメントした。

最新一覧