なんばグランド花月でセンターマイク復活。トミーズ雅「アクリル板はない方がいい」と歓迎

なんばグランド花月でスタンドマイク1本での漫才公演を再開したトミーズのトミーズ健(左)とトミーズ雅

 吉本興業は3日、新型コロナウイルス感染予防対策を取って公演中のなんばグランド花月(NGK=大阪市中央区)で、漫才上演時の舞台上のアクリル板を撤廃。センターマイクを復活させ公演を行った。

 通常の漫才スタイルに、トミーズ雅(60)は「久しぶりに(相方の)健ちゃんのキムチ汁のにおいがした。アクリル板はない方がいいです」と笑顔。また全858席のNGKは、50%の404席まで使用できることになり「笑い飯」の哲夫(45)は「生で漫才みていただきたいなと思いますので、劇場に足を運んでいただきたい。不安なところもあると思うんですけど、NGKはすごく清潔な場所になってますので。消毒液とかもたっぷり入ってますんで間違いないです」と来場を呼びかけた。17日からは吉本新喜劇も再開される。

最新一覧