【中日】ドラフト1位・石川昂弥がウエスタン・オリックス戦でプロ初本塁打「早く1本打ちたかった」

中日・石川昂

◆ウエスタン・リーグ 中日8―3オリックス(2日・ナゴヤ球場)

 中日のドラフト1位・石川昂弥内野手(19)=東邦=が、ウエスタン・オリックス戦(ナゴヤ)でプロ初本塁打を放った。「4番・三塁」で先発出場。2点ビハインドの初回2死一塁、同じ新人のオリックス・宮城から同点1号2ランを右翼ポール際に運んだ。外角高めの145キロ直球を振り抜いた石川昂は「早く1本打ちたかったので、1本出て良かった。外角の高めだったのですがきれいにバットが出せた。あのコースは今まで打てなかったので、いい打撃ができた」と喜んだ。

 竜の大砲候補は3安打と初の猛打賞も記録し、「最近打撃の感覚が良くなってきた。練習で意識してきたことを試合でできた」と成長を実感した。

最新一覧