山本太郎氏、新型コロナ第2波で1兆5000億円かけ「水光熱費1年間無料」

小岩駅前で演説した山本太郎氏

 任期満了に伴う東京都知事選(5日投開票)に立候補している「れいわ新選組」の山本太郎代表(45)は、投開票日まであと3日に迫った2日、江戸川区のJR小岩駅前で街頭演説を行った。

 「(地方債発行による)総額15兆円で、あなたのコロナ損失を徹底的に底上げ」、具体的には「まずは全都民に10万円を給付」などを訴えた。

 さらに、新型コロナウイルス感染拡大の第2波が来た場合には「1年間、水光熱費を無料にします。ただでさえ収入が減る。そういう状況において、皆さんの支出が変わらないとなると、首が絞まる。なので徴収する分を極力減らす。そして、できれば給付をしていくという形で補てんしていかなきゃ、みんなの生活が本当に地盤沈下してしまう」と山本氏。「金額にして1兆5000億円。できますよ。総額15兆円のプランなんだから」と力強く話し、聴衆から拍手を受けた。

 都知事選は過去最多の22人が立候補。再選を目指す無所属現職の小池百合子氏(67)のほか、元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)、前熊本県副知事の小野泰輔氏(46)、政治団体「ホリエモン新党」から出馬したNHKから国民を守る党(N国)の立花孝志党首(52)らの候補者がいる。

最新一覧