山田孝之がシングルファーザーを演じる映画「ステップ」が7・17公開決定

映画「ステップ」完成記念トークショーに登場した(左から)飯塚健監督、広末涼子、山田孝之、國村隼、伊藤沙莉

 俳優の山田孝之(36)がシングルファーザー役を演じる主演映画「ステップ」(飯塚健監督)の公開が7月17日に決まった。当初は3月30日の予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大を受けて延期になっていた。

 原作は重松清氏の同名小説。結婚3年目に突然、妻を亡くしたトップセールスマンの主人公(山田)が、仕事と育児の両立に奮闘する物語。飯塚監督は「ぜひ映画館でご覧下さい。こう言えることが、何よりうれしいです。だからもう一度言わせていただきます。ぜひ映画館で、大切な人とご覧下さい」とコメントを寄せた。

 配給するエイベックス・ピクチャーズの高尾沙織プロデューサーはコロナによって公開延期となったことを踏まえて「これから生活様式がどのように変化したとしても、大切な人を想う気持ちは変わらないと思います。この作品で描かれる、突然の生活の変化の中で、悲しみや不安を抱えながらも歩んでいく家族の物語を、皆さんの大切な人を想いうかべながら、ご覧いただけたらうれしいです」と話している。

最新一覧