苦手は回避! 藤井聡太七段の昼食は「冷やしきしめん御膳」で…キノコなし 王位戦第1局

藤井聡太七段が注文した「冷やしきしめん御膳」。たしかにキノコは見当たらない(提供・日本将棋連盟)

 将棋の藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦7番勝負第1局は2日午後12時30分、対局2日目の昼食休憩に入った。

 藤井七段が注文したのは「冷やしきしめん御膳」。前日の「三河鮮魚の海鮮丼」「どうまい牛乳プリン」、この日午前のおやつ「八丁みそまんじゅう」に続いて地元・愛知の名物を選んだ。

 注目すべきは「キノコなし」の指定。藤井七段はかねてキノコが苦手であることをイベントなどで公言している。終盤戦を迎え、緊張感が高まる中でも冷静さを保っていることがうかがえる。冷やしメニューだが、クールダウンする必要する局面でもあり、さらに冷たいウーロン茶も頼んだ。

 木村王位は「新城源氏和牛カレーセット」。こちらも注目点は「ご飯少なめ」のディテール。通常の対局でも満腹感による集中力の低下を避けるため、量を抑えたものにすることは有名だ。百戦錬磨の王位だけに、こちらも沈着冷静さを貫いている。

最新一覧