【DeNA】ソト、3年連続本塁打王へ5試合目“1号”「チョースゴイ!」

1回無死一塁、左越えに先制2ランを放つソト(カメラ・泉 貫太)

◆練習試合 DeNA4―5日本ハム(6日・横浜)

 無人の左翼席ではねた打球は場外に飛び出そうな勢いがあった。ソトは打った瞬間から確信を持って歩き始めた。初回無死一塁。杉浦の145キロを完璧にとらえる特大2ラン。「ゼンゼン、チョースゴイ!」。来日3年目、覚えた日本語で自画自賛した。

 歴史に名を残す準備は万全だ。3月に右手首を痛めたが自主練習中に完治。「後はタイミングだけ」と話していたが「当たりもよかったし、すごく状態はいい」と、5試合目の“1号”でアジャストに成功。球団史上初、セ・リーグでは11~13年のバレンティン(現ソフトバンク)以来となる3年連続キングへ自信を見せた。

 相乗効果も期待できる。この日はソトが2番で3番がオースティン。新助っ人も練習試合で打率6割超えと好調だ。ソトは「彼は素晴らしい選手。ボールを見極めるしパワーもある。チームにとってはすごくいい」とリスペクトしている。

 ラミレス監督は「来週は打順を逆にして、どちらがいいか考える」としたが、オースティン(AUSTIN)との「SA」でも「AS」でも相手の脅威に変わりはない。ホームラン王を争うライバルが並ぶ「チョースゴイ」打線になりそうだ。(岸 慎也)

最新一覧