【札幌】FW鈴木武蔵、コーチ推奨の“きな粉甘酒ドリンク”でリーグ再開へ体力注入!「実は昔から好き」

全体練習再開2日目、チームメートとランニングする札幌FW鈴木

 J1北海道コンサドーレ札幌のFW鈴木武蔵(26)が甘酒パワーで過密日程にも打ち勝っていく。チームは2日、宮の沢でボールを使った有酸素運動や、負荷をかけたミニゲームなどで調整。7月4日に決定したリーグ再開へ調整を続けている。

 4月13日以来、49日ぶりの全体練習が1日に再開。止まっていた時間を取り戻そうと、コーチ陣の熱心な指導のもと、この日も選手たちは練習で約2時間、汗を流した。鈴木は「今は70%くらいの状態。でも、サッカーを楽しめているな、という感じがある」と充実感をにじませた。

 新型コロナウイルス禍で開幕節(対柏、2●4)以降中断していたJリーグ。敵地での連戦や過密日程が想定される再開後の公式戦へ、練習後の各選手には、大塚俊介フィジカルコーチ(38)から「きな粉甘酒ドリンク」を振る舞われる“アシスト”もあった。甘酒をおいしそうに飲み干した鈴木は、「(甘酒は)実は昔から好きで、奥さんからも『足がつりにくくなるかも』って言われてよく飲んでいた。再開に向けて、とにかく練習からよく走って、状態を上げていきたい」。前例のないシーズンは、ノンアルコールの“酒”の力も借りて、乗り越えていく。(川上 大志)

最新一覧