茂木健一郎氏、北九州市の感染拡大に見解「単にPCR検査をまじめにやった結果なのでは」

茂木健一郎氏

 脳科学者の茂木健一郎氏(57)が2日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染拡大が続く北九州市の現状について、独自の見解を示した。

 この日、「北九州市で5月23~31日に感染が判明した97人のうち、過半数の52人がPCR検査時には無症状で、そのうち9割近い46人は濃厚接触者という理由で検査を受けていた」という記事を貼り付けた茂木氏。

 「複数の方が指摘していますが、北九州での感染者の『急増』は、単にPCR検査をまじめにやった結果なのではないでしょうか」と、つづった上で「他の自治体でも似たようなことが起こっている可能性があります」と危惧していた。

最新一覧