岡田晴恵教授、北九州市の検査態勢をたたえる「積極調査で初めて分かってきた。症状のない人も広くやっていこうと」

テレビ朝日

 2日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、福岡県北九州市で1日の新型コロナウイルスの新規感染者が16人で、10日間で113人になったことを報じた。

 元国立感染症研究所研究員で白鴎大教授の岡田晴恵氏は「(濃厚接触者など)積極調査で初めて分かってきたという事だと思いますね。今まで症状がある人ばかりだったんですけど、(症状の)ない人も広くやっていこうと」と検査態勢をたたえた。

 続けて「そういう事で発掘できてくる感染者、見つけてこられる感染者、そして隔離できて防げる対策が見えてきたということだと思います」と語った。

最新一覧