AKBメンバーが電撃引退の渡辺麻友ねぎらい 篠田麻里子「ゆっくり身体を休めてね」

篠田麻里子

 「まゆゆ」の愛称で親しまれ、昨年のNHK連続テレビ小説「なつぞら」などに出演した元AKB48の女優・渡辺麻友(26)が5月31日付で所属事務所「プロダクション尾木」との契約を終了し、芸能界を電撃引退したことが1日、明らかになった。AKB48選抜総選挙で唯一の9年連続ベスト5入りを達成した王道アイドル。全盛期の主要メンバー「神7」では初の引退発表に衝撃が走った。

 「元祖神7」の篠田麻里子(34)は、渡辺の引退報告のツイートをリツイートし「ゆっくり身体を休めてね」とねぎらった。

 小嶋陽菜(32)は「AKB48がまだ世の中に認めてもらえない時代から共に歩み続け、アイドルとして一度もみんなの期待を裏切ることなく走り続けた麻友ちゃんは、私達48グループの誇りです」とツイート。松井珠理奈(23)も「起きてニュースを見て、びっくりしました。プロ意識が高くて、尊敬していた先輩の一人。近くにいて、自分も頑張らなきゃっていつも思っていました。感謝の気持ちでいっぱいです」とツイートした。

 「渡り廊下走り隊7」のメンバーで、同期でもあった仲川遥香(28)はツイッターで「ゆっくり休んで。自分のために使う時間も大切だと思います。一人の女性としての時間をまゆには楽しんでほしいな」。同じくメンバーだった浦野一美(34)も「どれ程の夢をもらったか、勇気付けられたか、元気をくれたか」とツイートした。

最新一覧