トレーニング時もマスク、マシンに仕切り…クラスターで会員半減した千葉・市川のスポーツクラブが2か月ぶり再開

ランニングマシンの間はパーティションで仕切られている

 新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が首都圏と北海道で解除されてから1週間となった1日、スポーツジムや行楽施設で営業再開の動きが広がった。休校が長期化していた学校も、全国で本格的に再開した。

 2~3月にかけて利用者5人の感染が確認され、クラスター(感染者集団)が発生した千葉・市川市のスポーツクラブ「エースアクシスコア市川店」は、約2か月ぶりに営業を再開した。小山勝チーフマネジャー(40)は「ホッとした気持ちもありますが、コロナの脅威は常に身近に潜んでいる」と表情を引き締めた。

 最初に利用者3人の感染が報じられた2月25日は「パニック状態でした」と小山さん。同日から休業したがさらに2人の感染が明らかに。3月16日から一部再開も、緊急事態宣言を受けて4月9日から再び休業した。感染者が出た当初は部外者からの「ウイルスの巣窟だ」などの電話が鳴りやまなかったという。

 5人の感染者は利用日時がバラバラで感染経路も特定されず、計約800人が濃厚接触者として健康観察の対象となった。約2000人いた会員は2~5月で約600人が退会し、約400人が休会した。

 再開にあたり、ランニングマシンを飛まつ防止パネルで仕切ったほか、マシンのそばには除菌シートを設置。有酸素トレーニング時も「マスクをしていてもできる強度で」と呼び掛けるなど、感染防止対策を徹底した。

 この日は通常と同じ約10人がヨガレッスンを受けるなど、再開を待ちわびた利用者の姿があった。小山さんは「お客様に安心して戻ってきていただけるよう、絶対に(感染者を)出さないという気持ちでやっていきたい」と決意。利用した市川市の女性(61)は「家にはない機械を使って体を動かすことができて、気持ち良かった。対策も徹底されていた」と笑顔だった。(竹内 竜也)

最新一覧