【オリックス】山本由伸、ソフトバンク戦へ気合のブルペン15球「パフォーマンスを上げる」

キャッチボールで調整する山本

 オリックスの山本由伸投手(21)が1日、ソフトバンク斬りを開幕へのステップにすると意気込んだ。大阪・舞洲で投手練習に参加し、ブルペンで15球の投球。2日から再開する練習試合で先発として先陣を切るエースは「いい打者と対戦するのは、僕のパフォーマンスを上げるうえでいいこと」と気合を込めた。

 3月10日の中日戦以来の対外試合に「(紅白戦と違い)力みも出てくると思うので、フォームに気をつけたい」。相手は3年連続日本一の球団。強打者がそろうが「開幕に向けて調整と、レベルアップをしていきたい」と闘志を燃やした。

 もう1人のエース・山岡は軽い寝違えで先月29日の練習を早退したが、同31日にキャッチボールを再開。「通常通りに戻っています」と笑顔を見せた。開幕最有力の右腕は5日の広島戦(京セラD)で先発見込み。「そこ(開幕戦)を任せてもらえるなら、全力で準備していきたい」と語気を強めた。(宮崎 尚行)

最新一覧