【ソフトバンク】開幕投手は東浜巨に決定 工藤監督が明言

開幕投手に決まったソフトバンク・東浜巨

 ソフトバンクの工藤公康監督(57)が1日、東浜巨投手(29)の開幕投手を明言した。「練習後に監督室に呼んで話をしました」と、前日5月31日の紅白戦後に伝えていたことを明かした。東浜にとっては、プロ8年目で初の大役となる。

 3月20日の開幕に向けて東浜の開幕投手は決まっていたが、開幕が延期。3か月のブランクが空いたことで1度、白紙になっていた。だが、5月31日の紅白戦で3回パーフェクト。紅白戦2試合で計6回を投げ、1安打無失点と順調に調整を進めている東浜を再び指名した。

 エース・千賀が右前腕部の張りで開幕絶望ということもあり、指揮官の信頼の高い右腕に決定。「今年にかける思いをキャンプから感じていましたし、自主トレ期間中の練習している姿。シート、紅白戦でもしっかり、結果を出してくれた。今年は自分がしっかりやらないといけないという思いが伝わってきた」と工藤監督。昨年6月に右肘を手術するなど、ここ2年は故障の影響などで思うような結果を残せていない17年最多勝右腕。完全復活を目指すシーズンにもなる。

最新一覧