グローリーヴェイズ 次走の宝塚記念はレーンと新コンビ

宝塚記念でグローリーヴェイズと新コンビを組むレーン騎手

 香港ヴァーズでG1初制覇を果たしたグローリーヴェイズ(牡5歳、美浦・尾関知人厩舎)が復帰戦となる宝塚記念(6月28日、阪神)で、短期免許での騎乗を続けているダミアン・レーン騎手(26)=オーストラリア=と新たにコンビを組むことが5月29日に決まった。同馬を所有するシルクレーシングのHPで発表されたもの。

 

 グローリーヴェイズは昨年の香港ヴァーズをジョアン・モレイラ騎手の手綱でG1・3度目の挑戦で初制覇。その後、今年初戦に予定していたドバイ・シーマクラシックが新型コロナウイルスの影響で、開催中止が決定。現地に輸送を終えたあとで、帰国後は検疫を経て、福島県のノーザンファーム天栄で調整を進め、宝塚記念出走へ向けて、29日に美浦トレセンに帰厩したばかり。

最新一覧