芝田山広報部長、7月場所の観客入場には慎重「今はまだそういうことを言える状況じゃない」

芝田山広報部長

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)が29日、電話取材に応じ、大相撲7月場所(同19日初日、東京・両国国技館)開催に向けて従来通り「まずは無観客で開催するというのが一つの大きな目標」との姿勢を改めて強調した。

 新型コロナウイルスへの政府の指針では、プロスポーツイベントは早ければ7月10日以降に収容人数などの条件付きながら観客入場を容認。ただ、同部長は6月19日に無観客で開幕するプロ野球などの動向を注視するとしつつ、「きょうも再び感染者が増えている。今はまだそういう(観客の)ことを言える状況じゃない。日々の感染状況がどうなるか、世の中の動きを含めて見据えていかないと」と、あくまで慎重だった。

 現在、感染歴の有無を調べる抗体検査も希望する力士ら協会員を対象に継続中。協会は感染の第2波を警戒し、各部屋に不要不急の外出禁止を再確認する通達も出した。

最新一覧