岡本信彦、声帯が瘢痕化で6月に手術「歌唱も頑張れるように約1か月療養に専念」

岡本信彦

 声優の岡本信彦(33)が29日、自身のブログで6月に声帯手術を受けることを発表した。約1か月療養するという。

 岡本は「以前から喉に違和感があり、検査をしたところ、声帯が瘢痕(はんこん)化してきていると診断を受けました。一度しっかり治療する必要があることから、主治医、事務所と話し合い、6月を目処に手術できるよう調整してきました」と記した。

 そして「本格的に仕事が再開するタイミングで活動をお休みするのは大変申し訳ないのですが、キャラクターを全力で表現するのはもちろんのこと、歌唱も頑張れるように約1か月療養に専念させていただきます。術後は安静が必要な為、ブログは自分の体調と相談しつつ更新したいと思います。復帰の際には改めてブログと事務所HPにてお伝えします」と報告していた。

最新一覧