愛知・大村知事に吉村洋文知事が「大阪で医療崩壊は起きてない」とチクリ

大阪府・吉村洋文知事

 大阪府の吉村洋文知事(44)が29日、MBSテレビ「ちちんぷいぷい&ミント!」にリモート出演した。

 大阪府はこの日、新型コロナウイルス新規感染者数は前日に続き0人。愛知県の大村秀章知事(60)が28日の会見で、大阪府のコロナ対策について「病院に入れない、救急を断るこの2つは医療崩壊。東京と大阪で起きている。行政としては負け」と話したことについて「なぜ名指しで言われるかわからない。大阪の仕事に専念しようと思います。ただ大阪で医療崩壊は起きてません。軽々しく医療崩壊と言うのは混乱を招くだけなので控えていただきたい」とくぎを刺した。

 学校生活も6月15日から本格再開。夏休みを10日間、冬休みを7日間と大幅に短縮して3月末までのカリキュラム終了を目指す。「学校に通っていない期間が3か月以上。感染症対策をとりながら本格再開を目指していきたい。学校で学ぶことが大切」と話した。さらに、部活動の全国大会が続々と中止になっていることにも言及し「大阪大会だけでも実現させたい。各団体にも夢舞台は実現させてくれとお願いしています。財源、会場確保必要なら声がけして確保します。ハードルは高いが諦めず実現したい。その先の大会も、甲子園球場を球児のためにとってあると報道もあるので、協力をしてもらえないかお願いしています」と、勉強以外の部活動教育の重要さを訴えた。

 大阪府は他府県のいいアイデアを取り入れる柔軟さで対応。しかし、47都道府県で色んな意見交換会をしていない現状もあり「僕はいい案は言葉悪く言えばパクリます。物事を進める時には、縄張り意識を取っ払ってもらった方がいいのでは」と提案した。

最新一覧