城田優、GLAY・TERU&HISASHIとコラボ曲「それでも」動画配信、新型コロナ自粛がきっかけ

城田優

 俳優で歌手の城田優(34)が29日、自身のインスタグラムと公式YouTubeチャンネルに、GLAYのTERU(48)、HISASHI(48)とコラボレーションした楽曲「それでも」を公開した。

 新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、城田は「自分にできることはないか」を考え、インスタのライブ配信や楽曲制作を行ってきた。城田の配信を目にしたTERUが「何か一緒にやろうよ」と呼びかけ、「それでも」のコラボプロジェクトが始動した。

 「それでも」は、城田が、SNSを通して多くの人が不安や孤独と戦っていること、皆が傷付き苦しんでいる現実が増えていることを感じ、自らも気がめいり、虚脱感の日々を過ごす中で、同じ気持ちを抱える方たちに「前向きなエネルギーを届けられないか」という願いを込めて制作された。

 城田は「この曲にTERUさん、HISASHIさんが参加して下さったのは、夢のような話です。GLAYは、僕の青春時代を彩った大きな存在。自分の音楽に大きな影響を与えた方たちと、一緒に音楽を奏でること自体がすごいことで感動なのですが、僕が作った曲への思いに賛同して下さり、頭の中から生まれたメロディーと歌詞を、TERUさんが歌って下さり、HISASHIさんにギターを弾いていただけるだなんて夢にも思っていなかった。感無量です」と感激。「1人でも多くの方に、僕らの思いのこもった曲が届き、今日を、明日を生きるエネルギーに変わることを願っています」とコメントした。

 TERUも「プロジェクトのスタートは、Mステでの再会がきっかけでしたが、あの日からいろいろな出来事が2人をつないでくれました。優君のインスタに、GLAYの曲を歌った姿がアップされ、僕はその歌にハモリを入れて僕のインスタにアップ。優君がインスタライブをしてるところへお邪魔し、コラボ配信。そんなつながりの中で、必然的に出てきた音楽でのコラボ。コロナ禍の自粛生活の中で生まれたコラボ話を実現させるために、このプロジェクトが立ち上がりました」と説明。「リモートでのデータのやりとりは新鮮でした。エンタメの可能性が見えづらかった時期に、このようなコラボができて心が救われました。HISASHIにも参加してもらいましたが、参加できたことを喜んでいます。この曲に詰め込んだ思いが、コロナの影響で不安を抱えてる誰かに届いてくれることを願います」とコメントした。

 音楽プロデューサーのUTAがアレンジで参加。ミュージカル「ファントム」で城田と共演した廣瀬友祐氏がイラスト画を書き下ろした。

すべての写真を見る 3枚

最新一覧