N国・立花党首、都知事選に同姓同名「小池百合子氏」擁立へ「用意はしている」

立花孝志党首

 NHKから国民を守る党(N国)の立花孝志党首(52)が29日、東京・千代田区の参院議員会館で定例会見を行った。

 自身が代表を務める「ホリエモン新党」を設立し、同党から東京都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)に立候補することを26日に表明。立花氏は、元ライブドア社長で実業家の堀江貴文氏(47)の愛称を使った同党が、堀江氏が都知事選に出馬する際の「合法的な宣伝活動」につながるという考えを述べていた。

 4月の会見では、都知事選に小池百合子知事(67)と同姓同名の候補を擁立する可能性に触れていた立花氏。この日は現状について、「最終的には堀江さんが(都知事選に)出るかどうかも大きく影響するかなと思う。用意はしていますが、最後は『堀江さん、どうしますか』と」と、堀江氏に相談する意向を示した。

最新一覧