ロンハーマン、医療従事者にオリジナル防護服5000枚を寄付すると発表

セレクトショップ・ロンハーマンの防護服ネット使用可能(提供写真で)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米ロサンゼルス・ハリウッド発のセレクトショップ「ロンハーマン」を運営するサザビーリーグ(東京・渋谷区)とコンサルティング会社「フィールドマネージメント」(同)は29日、医療従事者にオリジナルの防護服5000枚を寄付すると発表した。防護服の背中部分には「We’ll get through this together(みなで今を乗り越えましょう)」のメッセージが入る。

 寄付先は都内の虎ノ門病院、山王病院、赤十字社医療センター(いずれも港区)、東京医科大病院(新宿区)などで今後、希望する医療機関にも寄付する。「ロンハーマン」は2009年に日本初上陸。千駄ヶ谷など都内で14店舗を展開する。

最新一覧