NPBのスカウト活動再開は6・1から解禁 高校野球の代替大会視察は再協議

 日本学生野球協会は29日、日本野球機構(NPB)と日本学生野球協会(全日本大学野球連盟、日本高等学校野球連盟)はNPBのスカウト活動再開について、30日にスカウトから加盟校へ視察に関する連絡を可能とし、6月1日から視察を解禁すると発表した。

 都道府県連盟や一部の大学連盟では今夏、無観客での独自大会開催を検討している。無観客試合でのスカウトの視察については、各連盟の大会実施への見通しがある程度出そろった段階で再協議する。

 NPB各球団は、新型コロナウイルス感染拡大と、政府からの緊急事態宣言発出を受け、これまでスカウト活動を自粛していた。同宣言の解除を受け、今後NPBはスカウト活動を段階的に開始していきたい意向を示している。

 NPBの要望は、各球団スカウトが加盟校での練習や練習試合の視察に関するもの。また、NPBは各球団スカウトに対し、スカウト活動に関する新型コロナウイルス対策ガイドラインを徹底させることも示された。

 加盟校への練習、練習試合の視察に関しては、現在は学校施設への立ち入りを厳しく制限している学校も多数あることから、高校においてはスカウトから当該校の責任教師を通じて校長の許可を得た上で、大学も同様にスカウトから当該校の野球部長または監督を通じて大学当局の許可を得たのち、視察人数の制限など当該校の意向を十分に踏まえた上でスカウト活動を実施する。

最新一覧