阿部詩、五輪代表権維持に決意新た「どんな状況でも努力していくだけ」

阿部詩

 全日本柔道連盟が25日、2月までに東京五輪代表に決まっていた男女13階級の代表権を1年延期された本番まで維持すると発表したことを受け、女子52キロ級の阿部詩(19)=日体大=がコメントを発表した。

 阿部は「オリンピックが延期になりましたが、代表としての覚悟を持ち続け、1年先のオリンピックに向かってどんな状況でも努力していくだけだと思っております。引き続き応援よろしくお願いします」と決意を示し、「新型コロナウイルス感染症が1日でも早く終息する事を願っております」と語った。

 きょうだいで五輪出場を目指す兄の一二三(22)=パーク24=の男子66キロ級は代表が決まっておらず、選考方式は今後話し合われることになっている。

最新一覧