元日弁連会長・宇都宮氏が都知事選立候補表明…12、14年に続き3回目の挑戦

宇都宮健児氏

 元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(73)が東京都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)に立候補すると表明した。自身のツイッターで明らかにした。27日午前11時に都庁で記者会見を行い、公約を発表する。

 同氏は支援者らから出馬要請を受けてきたとし、「(新型コロナウイルスによる)緊急事態宣言が解除された後に出馬の意思表明をしようと思っていました」などと投稿した。都知事選は2012、14年(いずれも次点)に続き、3回目の挑戦となる。

 都知事選を巡っては、現職の小池百合子知事(67)は出馬について態度を明らかにしていない。また、元ライブドア社長で、実業家の堀江貴文氏(47)は出馬を検討していることが19日に判明している。

最新一覧