橋下徹氏、木村花さんの急死に「周りの大人が『いろいろなことを言われた時に対応するのは裁判しかないんだよ』と言ってあげるべきだった」

橋下徹氏

 25日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では、フジテレビ系恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラー・木村花さん(享年22)が急死したことを取り上げた。

 同番組での木村さんの言動についてSNS上で罵詈(ばり)雑言が集中していた件について、宮根誠司キャスター(57)は「面と向かって言えないことが匿名だと言えてしまう。ネットでは言葉の制限が効かなくなっちゃう怖さですよね」とポツリ。

 これを受け、コメンテーターとして生出演した元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(50)は「誹謗中傷は良くないって、テレビでもみんな言っているけど、じゃあ、誹謗中傷ってなんなのってことです」と話し始めると、「表現の自由を規制するってのは、僕ら法律家としては一番気をつけないといけない」と、きっぱり。

 「誹謗中傷をダメと言うと、権力とかを僕みたいな立場からは批判できなくなる。名誉毀損(きそん)とか侮辱とか、プライバシーの侵害とかは法的に賠償請求ができる。それ以外に『おまえ、もう、この番組出るな』とか『おまえ、嫌いだ、顔見たくない』とかを規制し始めると、どんどん表現の自由の規制につながって、あげくの果てには権力者を批判できなくなる。表現の自由は規制できないって言うのが民主国家なんです」と続けた橋下氏。

 宮根氏に「でも、『殺すぞ』や『死ね』なんて表現はダメでしょ?」と聞かれると、「『殺すぞ』はダメだけど、『死ね』は微妙」と返答。「(人の)関心の対象になるってことは、いろいろなことを言われるってこともワンセットで付いてくるってこと。それを22歳の花さんに(テレビ)局とか、番組とか、周りの者とかが『いろいろなことを言われた時に対応するのは、裁判しかないんだよ、言論に対しては言論しかないんだよ』と、そう言うことをきちんと言ってあげないと(いけなかった)」と続けた。

 さらに「僕はこの年だから、インターネットで『橋下のアホ、ボケ、カス、おまえの番組見たくない』とかバンバン書かれているのを見ても『バ~カ』って思うだけだけど、22歳だと、そうは思えないから、もっと大人が言ってあげないと。本当、かわいそうですよね」と話した。

最新一覧