【G大阪】約2か月ぶりの練習再開。1か月後の再開へ、宮本監督「少しリスクはある」

マスク姿で練習を見つめるG大阪・宮本監督

 G大阪は25日、大阪・吹田市内で3月27日以来約2か月ぶりとなるチーム練習を再開した。チームを3グループに分け、少人数で接触などを避けながら練習。練習後にオンラインで取材に応じた宮本恒靖監督は「選手の表情も明るく、選手がみんなしっかりトレーニングしてきたところが見られた」と、選手たちとの久々の再会に明るい表情をみせた。一方、約1か月後とみられるJリーグ再開に向け「1か月は少しリスクはあると思う。サッカーに関しては何とか間に合わせることはできなくはないが、けがのリスクがある。ドイツの例を見ていても少し気になるところ」と懸念も示した。G大阪から報道陣に提供された写真では、宮本監督はネックウォーマー型のマスクを着用。ユニホームサプライヤーのアンブロから提供されたもので、夏場でも使える冷感素材で作られており、感染対策のためにマスク姿で選手たちの練習を見守っていた。

最新一覧