【ディズニー報知】TDR限定グッズのアプリ販売を26日から開始…TDL、TDS再開は未定

TDRの大型グッズショップ「ボンボヤージュ」(後方)も休業中

 東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランド(OLC)は25日、臨時休園が続いている東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)の両パーク限定グッズを26日からオンライン販売することをTDR公式ウェブサイトで告知した。

 TDRのグッズのオンライン販売はこれまで、入園者(ゲスト)限定で、当日のパークチケット(パスポート)を読み込む必要があったが、入園者以外を対象に販売するのは初めて。パーク外では、TDR内にある「ボン・ヴォヤージュ」、ディズニーホテル、東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル、東京ディズニーリゾート・パートナーホテルでグッズを販売していたが、いずれの店舗もパークと同様に営業しておらず、グッズは買えない状態が続いていた。

 アプリでのオンライン販売は26日から開始され、注文受付は、火、水、木、土、日曜の週5日(月、金曜定休)で、午前9時から午後7時。「終了時期についてはパーク再開日が決まり次第お知らせいたしますが、状況によっては予告なく中断、終了する場合がありますのでご了承ください」

 スマートフォンで、東京ディズニーリゾート・アプリをダウンロードし、ユーザー登録し、ディズニーアカウントを取得する。対象のグッズは、臨時休園前までパークで販売していたグッズが対象となる。ただし、「ベリー・ベリー・ミニー!」、「ピクサー・プレイタイム」、ダッフィー&フレンズの関連グッズは対象外。1人あたり、1日につき1商品3点まで購入できる。

 OLCでは「実施期間中はアプリへのアクセス集中が予想されるためページがつながりにくくなります。その際は、しばらく時間をおいてから再度アクセスいただきますようお願いします」と告知している。

 パーク再開については、8日に発表された「今後につきましては政府、自治体の休業要請が解かれた段階で再開時期を判断し、あらためてお知らせいたします」としたままで、当面はアプリでグッズ販売をしながら、パークオープンのタイミングを見計らうことになりそうだ。

最新一覧