東京五輪7・23開幕決定…陸上、水泳、バドミントンが重複の世界大会軒並み日程変更

新国立競技場と五輪マーク

 新型コロナウイルスの感染拡大により2021年へ延期された東京五輪の新たな日程が30日、正式に決定した。来年7月23日に開会式、8月8日に閉会式を行う。この日、五輪組織委の森喜朗会長と国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長らの電話会談で合意に達し、IOCの臨時理事会で正式承認された。従来の日程では今年7月24日の開幕を予定しており、ちょうど1年のスライド開催。同時に延期されていたパラリンピックの来年8月24日開幕(9月5日閉幕)も決定。コロナ禍の終息、選手の準備期間などに配慮したスケジュールになる。

 東京五輪新日程が決まり、時期が重複する各世界選手権は日程変更を迫られる。世界陸連(WA)は、公式サイト上で声明を発表し、21年世界陸上(米オレゴン州ユージン)を22年に延期する意向を示した。「日本の組織委員会とIOCが発表した東京五輪の新日程を支持します。皆が柔軟に歩み寄る必要があり、オレゴンの世界陸上の主催者と協力し、2022年の新日程を組むように取り組んでいるところです」とした。

 福岡で21年世界水泳(7月16日~8月1日)を予定していた国際水連(FINA)も、日程見直しの協議に取りかかると表明。世界バドミントン連盟(BWF)も、21年8月にスペインで予定していた世界選手権の日程を変える意向を示した。

すべての写真を見る 2枚

最新一覧